AGA治療薬と言えばプロペシア

プロペシア

髪の毛の悩みというものは昔から存在しています。若い内から髪の毛が抜けてしまう体質というものが存在しており、その様な症状を持つ人のことを若はげなどと呼ぶ場合もあります。その様な症状の中には、男性型脱毛症と呼ばれるものも少なからず含まれています。この症状に対しては従来は対症療法しか対策が無かったのですが、近年になって飲み薬による治療を病院で受けることが出来るようになりました。このことをAGA治療と呼びます。
AGA治療では基本的な治療として飲み薬であるプロペシアの処方が行われます。プロペシアは毎日一錠を継続的に飲み続けることにより効果が発揮される薬であり、基本的にずっと飲み続ける必要があります。AGA、つまり男性型脱毛症は抜け毛を促進するホルモンの働きを原因としている症状であるため、そのホルモンの働きを抑制することで抜け毛を予防しようというのがプロペシアの作用なのです。そのため男性型脱毛症であるという診断がされたのちにプロペシアの服薬が始まり、経過を見るのが一般的です。
このプロペシアは病院でのみ処方される薬ですが、健康保険の適用対象ではありませんので値段については一か月分でおよそ7000~8000円程度が必要となります。処方の際には診察を必要としますので毎月約10000万円は最低限必要になる治療費です。このAGAはホルモンの働きを抑えることで症状を抑制することが出来ますが、服薬をやめてしまうと元通り抜け毛が始まるという問題も持っています。そのため長期的に治療を継続する必要がありますので、薬代を定期的に支払っていく余裕があるのかどうかをしっかりと見極めておくことがとても重要になります。