AGA治療は治療薬と植栽の選択肢がある

AGA専門クリニックで本格的な治療

基本的なAGA治療は、プロペシアとミノキシジルになりますが、その他にもいろんな治療方法があります。そのひとつとして、ミレットと植栽が挙げられます。ミレットは髪の毛が構成されるための必須アミノ酸であり、また亜鉛も含まれていますので、育毛や発毛に良いことがわかるでしょう。また植栽はAGAの最終治療になり、植毛になります。いろんな治療をしても結果が出ない場合、植栽という最終手段があります。
ミレットを単体だけで、育毛と発毛を期待するのは少し難しいです。あくまでもサプリメントの位置づけであり、補助する役割があるのがミレットです。飲む育毛剤であるプロペシアと発毛を生むミノキシジルを使いながら、その効果を引き出すためにミレットがあります。頭髪を作るにはアミノ酸は欠かせない成分であり、必要なものになりますので、積極的に頭髪に良いサプリメントを取ることをおすすめします。
AGA治療の最後の手段になるのが植栽です。プロペシアやミノキシジル、または毛髪再生医療である頭皮への注射であっても効果が出なかった場合、植毛がまだ残されています。現在の植毛施術は、人工毛ではなく、自身の頭髪を使用します。後頭部付近の頭髪というのは、AGAの原因である男性ホルモンの影響を受けていないことが多く、そこから採取して、気になる部分に植え付けることになります。植毛は医師の技術が左右されますので、安心して受けることができるクリニックを選んでください。最近では、AGAクリニックと植毛も可能なクリニックもあります。そのようなところを選んでおくと、信頼できますので安心して任せることができるでしょう。本格的な治療を受けるのであれば、AGA専門クリニックを選ぶことをおすすめします。