ヒゲが濃い人は薄毛になりやすいって本当?

ヒゲが濃い男性

ヒゲが濃い男性は、男性ホルモンの分泌が多いです。
反対に女性のヒゲが薄いのは、男性ホルモンが少ないからなのです。
これは薄毛にも言えることであり、ヒゲが濃ければ薄毛になる可能性は高いと言えます。
もちろんヒゲが濃いから確実に薄毛になるとは言い切れませんが、確率としては高いと考えていいでしょう。
さらに親が薄毛なら遺伝する可能性もあるので、若いうちから薄毛対策をしておくべきです。
気をつけたいのは、20代だから大丈夫などと思わないことです。
早ければ20代前半くらいでも、髪はかなり減ります。
洗髪後の抜け毛が以前と比べて多いと感じるようになったら注意が必要です。
明らかに増えてきたと感じたら、生活の見直しから始めましょう。
男性ホルモンは抜け毛を促進しますが、これだけが原因で薄毛になるわけではありません。
不規則な生活、間違った頭皮ケアなども関係しているのです。
生活改善を徹底すれば、抜け毛をかなり抑えることができるのです。
男性ホルモンが多い方は、皮脂分泌が増えやすいです。
脂性肌になりやすいので、洗髪では汚れを完全に落としましょう。
二度洗いをすれば一度目の洗髪で残った汚れを完全に落とせます。
二度目の洗髪は、一度目の洗髪後にすぐ行います。
洗髪は肌質に関係なく、一日一回のペースで問題ありません。
何度も洗いすぎてしまうと、逆に乾燥肌になって抜け毛促進する可能性があります。
食生活では脂肪分を控えるように意識しましょう。
髪のためには和食がベストですが、これは脂肪分が少なくて高タンパクだからです。
タンパク質は髪の原料となるので沢山摂取したほうがいいのです。
動物性食品を中心とした食生活は、皮脂を増やす原因となるので注意が必要です。