AGAへの様々な対抗手段

AGAの対抗手段を教える医師

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、壮年性または若年性のどちらにも症状が現れ、頭皮が薄く進行していく症状のことです。
近年では非常に多くの男性が薄毛に悩み、医療機関が専門外来を設置するほど有名になっています。
進行する部分は頭頂部または前頭部の生え際、あるいはその両方が進行していき、抜け毛が目立つと共に、毛が薄くなっていくのが特徴です。30~40代の人に多かった症状ですが、最近では20代や10代の後半からでも現れる症状とされています。
AGAを治療するには専門のクリニックで塗り薬や飲み薬を処方してもらったり、自宅で有酸素運動や食事療法などを行っていきますが、非常に長い月日が必要とされ、軽度な場合だと1年もかかりませんが、進行が酷い場合では何年もの時間がかかるとされます。
また、AGAは病気とは認められておらず、健康保険が適応されないために、高額な治療費が必要となります。健康保険は治療費の3割を負担するだけで治療を受けることができる医療システムですが、適応するには病気や怪我といった健康上の問題でなければいかず、髪の毛を増やす行為は美容目的と捉えられるので、保険がきかず自由診療となります。
専門のクリニックに通う回数にもよりますが、診察代だけでも1回につき5,000円前後はかかり、処方される薬であるプロペシアは1ヶ月分で8,000~18,000円は支払うことになるので、年単位で治療すればとても高額な治療費となってしまいます。
最近では薬を病院から処方するのではなく、ネットで個人輸入代行サイトからプロペシアの成分と同じジェネリックであるフィンカーやフィンペシアを安く購入し使用する方が増えているようです。
なるべくお金をかけずに早いうちに治療を開始すれば、それだけ早く回復するので、薄毛が気になったらすぐに治療を始めるようにしましょう。

今日から始めたい薄毛予防の頭皮ケア

薄毛を予防するには、髪が成長できるような環境を整えて、栄養を与えてあげることが大切です。
環境が整っていなければ生えてきた髪が成長できませんし、栄養が足りなければ環境が良くても意味がありません。
薄毛予防の方法は、男性でも女性でも基本的に同じです。
薄毛の原因としてよく言われることですが、毛穴の脂が薄毛の原因というのは、実は根拠がない話です。
頭皮の皮脂量が多いほど抜け毛が増えるということですが、これは19世紀に立てられてそのまま信じ込まれてしまった仮説です。
AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが増えることで起こりますが、男性ホルモンが増えると頭皮の皮脂線が活発になり皮脂の分泌量が増えます。
つまり、男性ホルモンが増えたことで皮脂量が増えるとは言えますが、皮脂量が増えたから抜け毛が増えるというわけではない、ということです。しかし頭皮に疑いを感じたなら、やはりお得な通販でAGA治療してみましょう。
また、脂分が多すぎると「脂漏性湿疹」という頭部に湿疹ができる症状があらわれることもあります。
この湿疹が悪化すると患部の毛髪が抜けてしまう可能性があります。これは一時的なものなので、炎症が治れば新しい毛が生えてきますが、慢性化させないように頭皮を清潔に保つことは有意義であると言えます。
頭皮ケアの方法としては、シャンプーの最初にヘアブラシを使ってある程度髪のもつれやホコリを取り除いておきます。そして地肌にシャワーヘッドをつけてしっかり髪を濡らします。だいたい38~40℃くらいの温度が理想です。
濡らした髪の水気を拭き取ってから、シャンプーを手のひらで泡立て髪を洗っていきます。髪を洗うというよりも、頭皮を揉み洗いするような感じで洗うと良いです。
最後は最初と同じようにシャワーヘッドを頭皮につけて、地肌から洗い流します。石鹸カスが残ると菌のエサになってしまうので、しっかり洗い流すようにしましょう。

それでもAGAが止まらない場合はAGA治療薬

AGAは、遺伝や男性ホルモン、ストレス、食生活などさまざな要因が関係する薄毛で、成人男性の薄毛のほとんどがAGAだといわれています。
頭皮の血行が悪くなると、髪を作る毛母細胞に栄養が行き渡らなくなるため、丈夫な髪に成長する前に抜け落ちてしまいます。
そのほかにも、脂っこい食事や肉類中心の栄養バランスの乱れた食事を摂っていることも薄毛の原因となります。
軽度なAGAであれば、生活習慣を改善したり、市販されている育毛剤を使用する、頭皮マッサージを行うことでAGAを改善したり、進行を止めることができますが、それでも止まらない場合には、AGA治療薬がおすすめです。
AGA治療薬というのは、プロペシアミノキシジルなどの内服薬や外用薬が代表的な薬で、皮膚科や専門のクリニックなどで処方されます。
発毛や育毛が期待できる薬で、ほとんどの人が処方される治療薬ですが、すべての人に効果があるわけではありません。
また、性欲減退や勃起機能の低下、頭皮のかゆみ、肝機能障害などの副作用を起こす場合もありますから、使用する際には、十分注意が必要となります。
ミノキシジルという成分は、頭皮環境に最適な濃度で処方されますから、副作用の確率は低いといえますが、それでも、人によって頭皮のかゆみなどの副作用に悩まされる可能性があります。炎症がおきたり、かゆみのためかきむしったりすると、髪が抜けたり、炎症を悪化させる可能性もあり、育毛には逆効果となってしまいます。
そこで最近注目されているのが、育毛メソセラピーです。
頭皮に直接有効成分を注入していくこの治療は、内服薬や外用薬よりも効果的に有効成分を届けることが可能です。